2010年02月15日

当たり前品質

後輩が所属しているオーケストラの演奏会を聴いてきました。心地よさのあまり、開始数分で眠りの世界に誘われてしまいました。ここで言い訳しても仕方ないのですが、退屈で眠ったわけではありません。心地がよすぎたのです。うとうとどころではない深い眠りに、目が覚めると驚くほど疲れが取れていました。

前から3列目に座っていたので、楽団員の方に恍惚の表情を晒してしまったかもしれません。近くで見ているとブラックスーツに蝶ネクタイとフォーマルなキメている男性楽団員の中に、靴がイケていない方が多く見受けられました。手入れのされていない合皮のゴム底靴ほど醜悪なものはありません。音楽には何の関係もありませんが、何だか残念な気持ちになりました。

話は変わりますが、表題の「当たり前品質」とは顧客満足度を左右する重要な概念の1つで、この言葉を見たことがある人も多いかと思います。顧客満足度を構成する品質の中で、“その品質が高いことが満足度の上昇に寄与しないが、品質が低くなると満足度の低下の要因となるもの”と考えられている品質を意味しています。靴などの身だしなみはこの「当たり前品質」の代表です。

楽団員の方の格好を見て、「当たり前品質」について考えました。身だしなみがきちんとしていることだけでは契約が取れませんが、だらしのない格好は失注の要因になりうるという点で、社会人として身だしなみには気をつけなければいけないと思っています。男性社員であれば正しくスーツを着て、正しく手入れをすればこの「当たり前品質」を簡単にクリアできるにも関わらず、よれよれのスーツに汚い靴を履いている人が多く見受けられます。

したがって、会社の後輩には靴を磨け、シャツにアイロンをかけろだの、採寸してからシャツを買えだの、口うるさく言っているのですが、中々聞き入れて貰えません。提案力や交渉力を磨く努力とは別に取り組める活動を何故に行わないのか。不思議でなりません。
posted by yasufumi at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

優しい場所

昨日の日記に対してmixiでツマラナイとのコメントを頂いてしまいました。ツマラナイ日記を書いて無視される人はいても、ツマラナイと言われている人はみたことがありません。昔ほどWEB世界は僕に優しくなくなってしまいました。

以前は世知辛いREAL、優しいWEBの構図が僕の中にありました。今では、残酷なREAL、冷酷なWEBの構図が成立しています。昨日不評であった“男性用小物売り場がバレンタインセールを実施していたために肩身の狭い思いをした”という話ですが、会社でもしてみました。

隣の席の女性社員に話してみたのですが、バレンタインという単語に何かを勘繰ったのでしょうか“バレンタインっていつだっけ?”と、護りのトークをされてしまいました。別に、チョコが欲しかったわけではないのです。

ただ、ただ本当に“静かにネクタイを選ぶことができなかった”。その事実だけを理解して欲しかったのです。
posted by yasufumi at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ただ静かに

冬物最終処分セールを狙って買い物に行ったところ、一部の男性用小物ではバレンタインセールが開催されていました。何故に紳士服売り場で僕が肩身の狭い思いをしなければいけないのか理解に苦しみます。

僕はただ静かにネクタイを選びたいだけなのに。
posted by yasufumi at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。