2010年06月06日

思うことあり

今年は春があったのかなかったのか、分らないまま6月を迎えてしまいました。僕の私生活ではなく、天候の話です。3月から4月にかけて忙しかったこともあり“寒い、眠い、辛い”の3単語を繰り返していました。

今年の春は寒かった、と言いながら、ふと思ったのは、毎年“今年は○○だ”と言っていること。毎年、その年はいつもと違うと言って、過去に一度も“今年は例年通り”だねと話たことはありません。

何につけても“いつもと同じ”だとは思いたくないのでしょうね。加えて何かにつけて、文句を言っている気がします。夏が暑ければ、“だるい”、寒ければ“泳げない”、と。

仕事もそうで、なければ暇だと言い、あれば忙しいと言う。給料を貰えるだけで有難いと満足できないのが人間の性なのでしょう。“衣食住足りて礼節を知る”心境には到底なれそうにありません。

ところで、この3月だけは本当に辛くて口を開けば、愚痴と弱音の毎日でした。お客、外注先、上司など批判の対象は尽きず。挙句、“世の中には、賢い人間が沢山いるのに、何故週に5日も働く社会を作ってしまったんだ”と、世の中の全体に文句を言っていました。

ただ、幸いなことに最近は落ち着いてきたので、少し心安らかです。日記の更新頻度もあげていきたいと思います。
posted by yasufumi at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。