2011年04月03日

待機電力

こまめにコンセントを抜くことの煩わしさに負けて、外出中はブレーカーを落としています。ペットボトルしか入れていない冷蔵庫には何ら支障がありません。

独り身、不精の機動力の高さよ。電力消費量の多い時間帯に外出していることが多い為、屁の突っ張り程度の貢献が出来ていると信じたいです。

ところで、エネルギー事情に疎い為、気になっていることがひとつあります。エネルギー不足を避けられない夏までに、ありったけの家庭用太陽光発電設備を普及させると効果はあるのでしょうか。家庭で消費される電力量を考えれば、屁の突っ張り以上の効果を期待できる気がします。

安くはない投資ですが、自家用発電でも電気会社に余剰電力を売れるだけの発電力があると聞いたことがあります。

発電所を再開発するよりも、各家庭がクリーンエネルギーに投資する方が早くて安全な気がしてなりません。

勿論、発電できない夜以降の電力不足は解決できないのですが。あとは、家庭用風力発電やエネファームでしょうか。
posted by yasufumi at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。