2011年06月27日

筆を正す

モンブランのボールペンを買いました。型番は分かりません。ブランド物が欲しかっただけなので、ファミリーセールで一番手頃なペンを。大枚をはたいておいて何ですが、大して期待はしていませんでした。

ところが書いてみて、その書き心地の良さに驚きました。持ちやすさしかり、ペン先の滑りやすさしかり。値段に見あった価値は間違いなくありました。メモをとることが楽しくなります。

不思議なことにペンを変えて以来、丁寧に文字を書くようになりました。たかだかペンだけで大袈裟だと思われるかもしれませんが、良い物は持ちての姿勢を正してくれます。

例えば、仕立てのよい服を着ると自然と背筋が伸びます。いい靴を履くと歩き方が変わります。物に頼ることを浅はかだと感じる方も多いかと思いますが、いい物にお金をかけることは大切だと思います。

値のはるブランド物や多くの人が所有しているブランド物を持つことに抵抗感を持つ方も多いでしょう。ところが、それだけの理由は必ずあると思います。例えば、僕の好きな時計のロレックス。

以前にも書きましたが、ドーバー海峡を初めて泳いで渡った腕時計であり、エベレストに初めて登った時計でもあります。有名なブランドに必ず逸話があります。それらを知らずして、ブランド物と切り捨てるのは勿体無いと思います。「ロレックスを笑う奴を笑え」と人に言っているのですが、一度も共感されたことがありません。何故…。

ところで、物欲にまみれた僕の日記を読んでいる方はお気づきかもしれませんが、僕はバブルの頃のOLなみにブランド物が好きです。笑われても、僕の逸品探しは続きます。
posted by yasufumi at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。