2012年03月10日

ブラジル滞在記

イギリス-ブラジル出張の後半戦もほぼ終了。明日の夜のフライトで30時間かけて日本に戻ります。ブラジル人に対してステレオタイプのラテン系のイメージを抱いていたのですが、非常にまじめな気質で、キメ細やかな仕事をして貰えました。経済成長の背景には、ワールドカップ効果以上に国民1人1人の力があるのだと感じました。

日本やイギリスと比べて街に活気があふれ、建設ラッシュに沸いていました。オフィス街では遠目には、丸の内や新宿と同じ景色に見えるほど。もちろん夜の裏路地は怖くて歩けないのですが、人に聞かされていたような治安の悪さはありませんでした。

調査会場の周辺は公園や住宅街でしたが、一人で歩いても全く平気でした。現地の人が食べている食堂や、小さな商店にも一人で入いれました。以前出張した同僚が仕事以外でホテルから一歩も出なかったと聞いていたので、どんなに怖い街なのだと思っていたのですが、治安も悪くないこと飯も美味いこともあって非常に快適。

何より人が非常に気さくでした。ブラジルの調査会場が石川県人会会館だったため、会場の管理をしている日系人のおばさんと仲良くなりました。最後にお土産にアボガドを頂いたのですが、生鮮食品を日本に持ち帰ってよいのでしょうか。

寝ている時間意外は現地で仕事、ホテルで日本の仕事というタフな出張でしたが、海外の空気に触れられて楽しかったです。
posted by yasufumi at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまにリオデジャネイロとかでもドンパチやるから、その直後とかはさすがに怖いんちゃう?
最近結構ニュースになったりするよな。

てか、W杯のインフラ整備間に合いそうなん?w
Posted by fujiken at 2012年03月11日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。