2012年03月10日

ブラジル滞在記

イギリス-ブラジル出張の後半戦もほぼ終了。明日の夜のフライトで30時間かけて日本に戻ります。ブラジル人に対してステレオタイプのラテン系のイメージを抱いていたのですが、非常にまじめな気質で、キメ細やかな仕事をして貰えました。経済成長の背景には、ワールドカップ効果以上に国民1人1人の力があるのだと感じました。

日本やイギリスと比べて街に活気があふれ、建設ラッシュに沸いていました。オフィス街では遠目には、丸の内や新宿と同じ景色に見えるほど。もちろん夜の裏路地は怖くて歩けないのですが、人に聞かされていたような治安の悪さはありませんでした。

調査会場の周辺は公園や住宅街でしたが、一人で歩いても全く平気でした。現地の人が食べている食堂や、小さな商店にも一人で入いれました。以前出張した同僚が仕事以外でホテルから一歩も出なかったと聞いていたので、どんなに怖い街なのだと思っていたのですが、治安も悪くないこと飯も美味いこともあって非常に快適。

何より人が非常に気さくでした。ブラジルの調査会場が石川県人会会館だったため、会場の管理をしている日系人のおばさんと仲良くなりました。最後にお土産にアボガドを頂いたのですが、生鮮食品を日本に持ち帰ってよいのでしょうか。

寝ている時間意外は現地で仕事、ホテルで日本の仕事というタフな出張でしたが、海外の空気に触れられて楽しかったです。
posted by yasufumi at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ロンドン滞在記

イギリス-ブラジル11日間出張の4日目が終わりました。イギリスでの仕事は無事に終わり、現地時間の明日20時半にイギリスからブラジルに向かいます。10日の夜にブラジルを出て、イギリス経由で日本に戻るのですが、日付変更線の関係で3月11日は消滅し、12日の昼すぎに帰国予定となっています。何をするわけでもありませんが、3月11日に日本にいないことに後ろめたさのようなものを感じます。

1日に日本を出国したのですが、会社を出たのが当日の朝3時半。成田には寝ずに向かい、8時半着。実は同僚の案件を手伝うための出張で、現地の会場調査だけを引き受けているのですが、現地のタイムスケジュールを朝の3時に渡されたため、イギリスに向かう飛行機でイギリスの行動内容を確認するバタバタの出張になってしまいました。会社からミステリーツアーに出されたような感覚でイギリスへ向かったわけです。

ロンドンのハーマイスミスに滞在するも、行ってみれば持参した「地球の歩き方」で所在地を確認できず、最寄りの観光地もわかりません。いまいち、自分の居場所もわからないまま最終日を迎えようとしています。もっとも行く時間はないのですが。

イギリスの食事のまずさは噂には聞いていましたが、予想をはるかに上回っていました。初日にゴムのようなステーキを食べたので、2日目には韓国人が経営している日本食料理屋に駆け込みました。かつ丼を食べたのですが、なかなか美味しくてほっとしました。ほとんど生の溶き卵が若干不安でしたが、今のところお腹は大丈夫なようです。

ブラジルには6日の朝5時着予定。9時にローカルオフィスに行く約束をしていますが、3時間程度空港にとどまることになりそうです。治安に不安もあるため、空港で仕事をする予定ですが、何か有意義な時間の使い方があれば誰か提案してください。ブラジルの朝5時-8時ころまでできるアクティビティを募集します。

仕事しかしていないため、特段面白いことはありませんが、ブラジルで時間を見つけて日記を更新します。
posted by yasufumi at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

No music, No problem

断捨離や風水を実施するわけではありませんが、不要なモノ、気に入っていないモノを周りに置くと気持ちが下がるので、月に1回程度思い切って物を捨てるようにしています。いつも捨てるかどうか迷うのはたまたま人から譲り受けたBon Joviとエアロスミスのアルバム。音楽にこだわりがないせいで、車を持っていた学生時代はひたすらBon Joviとエアロスミスがカーステレオから流れていました。お陰でさして思い入れもないにも関わらず、しょっぱい思い出ばかりが思いおこされるアルバムになってしまいました。

表題の通り、音楽にこだわりがないのですが、好きな曲もあります。1つはBon Joviの「It's My Life」。何度も聞いた刷込み効果によるところが大きいのですが、単純に格好良いことも理由。本家は当然格好良いのですが、アメリカドラマ「グリー」の劇中に登場するマッシュアップがめちゃくちゃ格好良いので紹介します(http://www.youtube.com/watch?v=OAglvPFu7TQ)。

もう1つは、ケツメイシの「涙」。東西インカレというバレーボール大会のPVで使用されていた曲です。学生が主体で運営されていた大会で、学生時代に入っていたサークルの取材でそのPVを見たことをきっかけに好きになりました。曲もさることながらその大会PVが格好良く、熱い思いにさせられてしまったので翌年大会運営の手伝いもしました。さすがにYouTubeにそのPVは転がっていませんが、本家のPVも中々熱い感じで好きです(http://www.youtube.com/watch?v=MBvg3P4n7dk)。歌詞も含めて「仕事嫌だなぁ」という日曜日の夜に見ると染み入ります。
posted by yasufumi at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

道楽者と呼ばれたい

もはや悪い病気としかいいようがありません。時計を我慢できるようになったとたん、筆記用具に心奪われてしまいました。さきほど店頭視察の帰りにPelikanの万年筆を購入。モノ集めは血筋らしく、工具好きの祖父、ガジェット好きの父と色濃く血を受け継いだようです。モノを集める楽しさはもとより、仕事道具にお金を惜しまないことは客先に出るようになって決めたことの一つです。

仕事柄、メーカーのマーケティング担当者の方にお会いすることが多くあります。そうした方には美意識の高い人も多いため、仕事内容で勿論勝負をするのですが、"こいつ、若いけどモノをわかってるな"と思って頂きたいというあざとい気持ちもあります。とは言え、"若いのに生意気だ"と思われては元も子もありませんが。

閑話休題

筆記用具が面白いのは、書くという行為を楽しくしてくれるからです。パソコンはひとつのアイデアを拡散していくようなメモの取り方には不向きです。書き留めたアイデアを結びとめたり、そこから派生するアイデアにつなげていく際には、やはり紙とペンの方が使いやすい気がします。それならば、良いモノを使った方が、よいアイデアが出るのでは、と言うのが今日の衝動買いの言い訳になるわけです。

「万年筆はその時々の体調や感情によって変わる筆圧の強さによって、文字の太さやインクの濃さが変わる」という記事を読んで以来、購入するタイミングを狙っていました。いつも勢いのある、アイデア溢れる太くて濃いインクのノートを作りたいものです。
posted by yasufumi at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

筆を正す

モンブランのボールペンを買いました。型番は分かりません。ブランド物が欲しかっただけなので、ファミリーセールで一番手頃なペンを。大枚をはたいておいて何ですが、大して期待はしていませんでした。

ところが書いてみて、その書き心地の良さに驚きました。持ちやすさしかり、ペン先の滑りやすさしかり。値段に見あった価値は間違いなくありました。メモをとることが楽しくなります。

不思議なことにペンを変えて以来、丁寧に文字を書くようになりました。たかだかペンだけで大袈裟だと思われるかもしれませんが、良い物は持ちての姿勢を正してくれます。

例えば、仕立てのよい服を着ると自然と背筋が伸びます。いい靴を履くと歩き方が変わります。物に頼ることを浅はかだと感じる方も多いかと思いますが、いい物にお金をかけることは大切だと思います。

値のはるブランド物や多くの人が所有しているブランド物を持つことに抵抗感を持つ方も多いでしょう。ところが、それだけの理由は必ずあると思います。例えば、僕の好きな時計のロレックス。

以前にも書きましたが、ドーバー海峡を初めて泳いで渡った腕時計であり、エベレストに初めて登った時計でもあります。有名なブランドに必ず逸話があります。それらを知らずして、ブランド物と切り捨てるのは勿体無いと思います。「ロレックスを笑う奴を笑え」と人に言っているのですが、一度も共感されたことがありません。何故…。

ところで、物欲にまみれた僕の日記を読んでいる方はお気づきかもしれませんが、僕はバブルの頃のOLなみにブランド物が好きです。笑われても、僕の逸品探しは続きます。
posted by yasufumi at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

外商

仕事に余裕が出てきたので、昼休みにテーラーの外商に来て貰いました。夏用に薄手のジャケットと半袖シャツをオーダー。節電対策で茹だる暑さのオフィスでスマートに働ければと初めて半袖に挑戦しました。

ところで、外商と聞くと親父臭いのですが、利用してみると非常に便利。価格も店頭と変わりません。交通費がかからない上に、店頭のように目移りして余計なものを買うこともありません。非常に合理的なだけでなく、外商ならではの楽しみも。

担当者が決まっているので自分の好みにあったもの見繕ってくれます。実はまだ二回目だったのですが、予め欲しい生地と形を伝えていたので非常にスムーズ。また、他のお客さんや店員さんが周りにいないので、気がねなく自分の好みを相談できます。

店員さんと話をすることが好きな方には非常にお薦めです。機会があれば是非活用してみてください。
posted by yasufumi at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

辱め

フットサル中に顔でボールを受ける頻度が増えてきたので、コンタクトレンズを購入しました。早速コンタクトを使用する機会があったのですが、掛けていない眼鏡の位置を直そうと何度も中指を眉間に運んでしまいました。

眼鏡を掛けていないことに違和感を感じてなりません。何だか気恥ずかしいような感覚すら覚えます。傍から見れば普通であるにも関わらず、自分だけが違和感を感じているこの感覚を例えるなら、"下着を着けずに外出した時"の感覚と言えば皆様にもわかって頂けることでしょう。

ところで、コンタクトレンズを買う際に装用練習をするのですが、眼に指を近づけることが怖くて中々上手くいきませんでした。待合室の片隅で、苛立つ看護士に何度も"落ち着いて、一度立て直しましょう"と言われ、消え入りたくなりました。衆人環視の辱めは遠慮願いたいです。
posted by yasufumi at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

見た目が命

企画書は"見た目が9割"と広告代理店出身の上司から教えられました。9割とは言いませんが、見た目は非常に重要だと思います。実際に、内容が浅くても見た目が美しい企画書/報告書に何となく説得されてしまうこともあります。

例えば、"気立て:×、器量:○"と"気立て:○、器量:×"の2択であれば、前者を選択してしまう男性が多いように、企画書の見た目で通る提案もある気がします。

SlideShare(http://www.slideshare.net/)をみていて、上司の話を思い出しました。
posted by yasufumi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

物欲

ホメオスタシスに対する関心が薄れてきたので、もっぱら物欲の権化と化しています。昨年の7月にジラールペルゴの時計を買って以来、時計に投資することを自粛していたのですが、1年ぶりに時計を購入しました。

パネライのルミノールマリーナ。僕の細腕には少々重厚感のある時計ですが、シンプルながら存在感のあるデザインが秀逸です。

その他、最近購入した逸品。

メガネ:JIN'Sのエアフレーム
TR-90という軽量素材を使った非常に軽いフレーム。驚くほどかけ心地が軽く、良心的な価格設定もあって非常にお勧めです。

ジャケット:銀座山形屋の麻ジャケット
先週末にオーダーしたので、現物は手元にありませんが、ジャケットの仕上がりだけが生きる希望です。パターンオーダーでもディテールを指定できるため、"ちょっといいジャケット"をお探しの方にはお勧めです。素材、形、ボタン、糸まで自分で選んだこだわりの1着を是非。
かつては、中曽根康弘や田中角栄、ビートルズもスーツを仕立てた老舗ですが、こちらも価格設定は良心的です。

ジーンズ:ボブソンのクールデニム
薄手の生地を使った非常に履き心地が軽く涼しいジーンズです。ベージュ、ブラックデニムは一見するとチノパンに見える為、会社に履いていっても問題ありません。汗をかくこの季節、丈夫で洗えるデニムだと臭いや皺の心配をしなくてよいので非常に助かります。
posted by yasufumi at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

置き土産

拙宅に滞在していた友人が今朝、北海道に戻って行きました。仕事を終えて部屋に戻ると、僕の後に部屋を出た友人の残滓が残っていました。歯ブラシ、飲みかけのペットボトル、靴下2足。消し忘れた電気と分別という概念から開放されたゴミたち。

彼を包むかわりに、抱き枕にされていた寝袋が見事にひしゃげていました。明日は振り替え休日を取っているので、今からゴミを分別します。それから、私信ですが靴下は燃えるゴミだと理解しました。では、また遊びに来て下さい。
posted by yasufumi at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

思うことあり

今年は春があったのかなかったのか、分らないまま6月を迎えてしまいました。僕の私生活ではなく、天候の話です。3月から4月にかけて忙しかったこともあり“寒い、眠い、辛い”の3単語を繰り返していました。

今年の春は寒かった、と言いながら、ふと思ったのは、毎年“今年は○○だ”と言っていること。毎年、その年はいつもと違うと言って、過去に一度も“今年は例年通り”だねと話たことはありません。

何につけても“いつもと同じ”だとは思いたくないのでしょうね。加えて何かにつけて、文句を言っている気がします。夏が暑ければ、“だるい”、寒ければ“泳げない”、と。

仕事もそうで、なければ暇だと言い、あれば忙しいと言う。給料を貰えるだけで有難いと満足できないのが人間の性なのでしょう。“衣食住足りて礼節を知る”心境には到底なれそうにありません。

ところで、この3月だけは本当に辛くて口を開けば、愚痴と弱音の毎日でした。お客、外注先、上司など批判の対象は尽きず。挙句、“世の中には、賢い人間が沢山いるのに、何故週に5日も働く社会を作ってしまったんだ”と、世の中の全体に文句を言っていました。

ただ、幸いなことに最近は落ち着いてきたので、少し心安らかです。日記の更新頻度もあげていきたいと思います。
posted by yasufumi at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ドイツ出張

先週一週間、ドイツに出張してきました。天気に恵まれ、少し観光する時間もあったためミュンヘンの街を見てまわりました。

街を歩くと、アジア人を多く見かけました。一度、女子高生とおぼしき一団から“ニイハオ”と声をかけられました。何となく、馬鹿にされた感があり不愉快な気持ちに。

ドイツにも中国人観光客が多いのでしょうか。土産物を見ていると店主から愛想良くニイハオと声をかけられました。

日本人であることを伝えると、“コンニチハ、サヨウナラ”と言われました。数少ない知っている日本語がそれだったのでしょうか。

店主からサヨウナラと言われてしまったので、言われた通り店を出ました。
彼はこの先、日本人顧客を失い続けるのでしょう。
posted by yasufumi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

近況

一月ほど更新が滞っておりました。
特別、人に報告することのない生活を送っていたわけです。過酷な残業を強いられるはめになった案件が先週末で一区切りつき、今週からは新たな案件の為に馬車馬のごとく働きます。

強いて書くとすれば、先月発注したスーツが今日仕上がったことでしょうか。今月末からGW半ばに行くドイツ出張に持参しようかと思います。仕立てのよいスーツと、ピカピカに磨き上げた靴。高級時計でヨーロッパのホテルに滞在するというささやかな憧れリストをひとつ消化できそうです。
posted by yasufumi at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

景気と流行

法人向けの第3次産業特有なのか年末/年度末はお客さんの予算消化特需があり、鼻血も出ない程忙しいです。有難い話ではありますが、どこにお金があったのかと訝しく思うことも。
溜まった鬱憤は買い物で発散します。近所のテーラーに春夏生地が入ったのでブラックスーツを仕立てて来ました。ジャガードのピンストライプ地、高めのゴージに包みボタンでクラシックでフォーマルな形にしてみました。

最近の流行をみるとスリーピースやダブルなどクラシックなスーツが目立ちます。時計もこれまでのデカ厚ブームやクロノグラフブームが下火になって薄型でクラシックデザインの復刻版が注目を集めています。

スーツに話を戻すと、これまでは着丈が短くラペルの細いデザインが流行っていました。クラッシック回帰もあってラペルはまた太くなっています。ラペルの太さは流行にも左右されますが、景気にも左右されるという話を聞いたことがあります。

景気がよい時程ラペルは太くなり、景気が悪い時程ラペルは細くなるそうです。ラペルの太さに順じてネクタイも。布の使用量が景気を反映するとか。バブル景気の際にパットが厚く着丈も袖も長いダブルスーツが流行っていました。

アンティーク好きの僕としては、ようやく世間が僕に追いついた感があります。出来ればこのまま素通りせずに僕にスポットライトを当てて欲しいものです。
posted by yasufumi at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

当たり前品質

後輩が所属しているオーケストラの演奏会を聴いてきました。心地よさのあまり、開始数分で眠りの世界に誘われてしまいました。ここで言い訳しても仕方ないのですが、退屈で眠ったわけではありません。心地がよすぎたのです。うとうとどころではない深い眠りに、目が覚めると驚くほど疲れが取れていました。

前から3列目に座っていたので、楽団員の方に恍惚の表情を晒してしまったかもしれません。近くで見ているとブラックスーツに蝶ネクタイとフォーマルなキメている男性楽団員の中に、靴がイケていない方が多く見受けられました。手入れのされていない合皮のゴム底靴ほど醜悪なものはありません。音楽には何の関係もありませんが、何だか残念な気持ちになりました。

話は変わりますが、表題の「当たり前品質」とは顧客満足度を左右する重要な概念の1つで、この言葉を見たことがある人も多いかと思います。顧客満足度を構成する品質の中で、“その品質が高いことが満足度の上昇に寄与しないが、品質が低くなると満足度の低下の要因となるもの”と考えられている品質を意味しています。靴などの身だしなみはこの「当たり前品質」の代表です。

楽団員の方の格好を見て、「当たり前品質」について考えました。身だしなみがきちんとしていることだけでは契約が取れませんが、だらしのない格好は失注の要因になりうるという点で、社会人として身だしなみには気をつけなければいけないと思っています。男性社員であれば正しくスーツを着て、正しく手入れをすればこの「当たり前品質」を簡単にクリアできるにも関わらず、よれよれのスーツに汚い靴を履いている人が多く見受けられます。

したがって、会社の後輩には靴を磨け、シャツにアイロンをかけろだの、採寸してからシャツを買えだの、口うるさく言っているのですが、中々聞き入れて貰えません。提案力や交渉力を磨く努力とは別に取り組める活動を何故に行わないのか。不思議でなりません。
posted by yasufumi at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

優しい場所

昨日の日記に対してmixiでツマラナイとのコメントを頂いてしまいました。ツマラナイ日記を書いて無視される人はいても、ツマラナイと言われている人はみたことがありません。昔ほどWEB世界は僕に優しくなくなってしまいました。

以前は世知辛いREAL、優しいWEBの構図が僕の中にありました。今では、残酷なREAL、冷酷なWEBの構図が成立しています。昨日不評であった“男性用小物売り場がバレンタインセールを実施していたために肩身の狭い思いをした”という話ですが、会社でもしてみました。

隣の席の女性社員に話してみたのですが、バレンタインという単語に何かを勘繰ったのでしょうか“バレンタインっていつだっけ?”と、護りのトークをされてしまいました。別に、チョコが欲しかったわけではないのです。

ただ、ただ本当に“静かにネクタイを選ぶことができなかった”。その事実だけを理解して欲しかったのです。
posted by yasufumi at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ただ静かに

冬物最終処分セールを狙って買い物に行ったところ、一部の男性用小物ではバレンタインセールが開催されていました。何故に紳士服売り場で僕が肩身の狭い思いをしなければいけないのか理解に苦しみます。

僕はただ静かにネクタイを選びたいだけなのに。
posted by yasufumi at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

推定貧乏

社会人になって3年目、未だに経費清算の申請方法が覚えられません。成功率は2回に1回程度。月に1度まとめて申請するため、2ヶ月に1度は怒られる計算になります。

先週、出張に行ったため経費清算を行ったのですが、例のごとく書類に不備が発見されました。経理から電話を受けた際に“明日精算金を受け取れないと週末を乗り切る資金がありません”と訴えるたところ、社長から借金の申し出を受けました。

本気の程度は知りませんが“金ないなら貸したるぞ、どや”と。難波金融道を思わせる関西弁に怯んで、謹んで辞退させてた頂きました。社長は僕が貧乏だと確信されているらしく、以前にも“お前ちゃんと食べとんか。給料前借させたろか”と提案されました。

ゆとりはございませんが、人並みに生きています。可能であれば借金ではなく、昇給を希望します。
posted by yasufumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

買い物始め

元旦に福袋を購入しました。近くの百貨店で3千円。縁起物かと思い、中身は期待していなかったのですが、使えそうなものが入っていて満足。LANVINのベルトはお値打ちでした。

そして今日はパソコンと洗濯機。パソコンは大学入学時に親に買ってもらった7年選手。老衰の為かIEを立ち上げるだけで1分近くかかっていたので買い換えました。デジタル家電としては長生きの部類かと。

洗濯機は大学の宿舎を出た際に購入した6年選手。白物家電としては現役でも問題ない使用年数ですが、2年ほど外置き期間があったため大分汚れていました。憧れの風乾燥機能は部屋干しの強い味方となってくれるでしょう。

さらに、パソコンと洗濯機を買った際のポイントを利用してIPODも。最新家電の高機能化についていけないので、いずれも機能は最小構成、必要最低限の性能で安く買いました。

パソコンはインターネットとDVD視聴できれば何の問題もありません。洗濯機は部屋干しを想定して簡易乾燥機能だけこだわりました。移動中の暇つぶし程度を想定しているIPODは音楽が聴ければ何でもよかったので2GBのSHUFFLE。

必需品とはいえ出費としては大きいため、しばらくは慎ましい生活を送ることにします。
posted by yasufumi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

岡田監督

先日、サッカー日本代表の岡田監督のインタビューをみました。W杯を控えて、にわかサッカーファンの僕としては俄然期待をしたいのですが、サッカーに詳しい友人達の中では、既に戦犯として語られています。

一部の通の人たちは予選落ちを確信しているようですが、岡田監督でW杯に臨むことが決まっている以上、気持ち良く応援したいと言う気持ちもあります。もちろん、予選を突破して欲しいと思っています。実現可能性は知りませんが。

ただ、W杯の抽選会後にオランダ代表のファンマルワイク監督から“日本代表の監督は誰だ?”と聞かれたというニュースには残念な気持ちになりました。先日のインタビューを見て思ったのですが、岡田監督はスーツの着方がだらしないです。

たまたまかもしれませんが、緩んだ襟元、肩のサイズが合っていない芯地が寄れたスーツは到底頂けません。代表監督である以上、それ相応の威厳が必要かと思います。つまり、舐められる要素は、采配以外にあったのではないかと。

だから何と言うわけではありません。監督が格好良くなれば代表が勝つとも思いませんが、典型的なダサい日本人を具現化している岡田監督の人気はあがるかもしれません。野球の星野監督もWBCの前には大分采配を批判されていましたが、人気はあった気がしますし、見てくれに貫禄がありました。隙のないスーツの着こなしは格好いいです。

勿論、野球についてはサッカーより期待度が高かったこともあるのでしょうが、岡田監督との違って見てくれに貫禄があることも理由の1つかと思います。何となく岡田監督から受ける印象から威厳を感じないことも、不人気の要因かと。
posted by yasufumi at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。