2008年06月08日

筋肉痛と垂直降下

若くして肉体の衰えを感じる日々です。重力に抗いきれない貧肉がお腹周りにだぶ付きを見せてきました。お腹周り以外は痩せているので、ちょっとした幼児体型。腹筋が可愛らしく3つに割れました。

若い時に踏ん張れない筋肉は、将来贅肉になる。今そこにある危機に、ここで一念奮起と社内のマラソン部に参加しました。そして、参加者中最も若い身ながら、最も屁たれた走りを披露したのです。

3ヶ月ぶりに走ったのですが、前回より酷い筋肉痛。腰から背中にかけて筋肉が張っているため、前かがみになることができません。下の物を取るときは、背中を伸ばしたまま膝を落として垂直に頭を降下させます。

どんなに部屋でくつろいでいようとも、背中を真っ直ぐに伸ばし、虚ろな瞳を空に向けています。明日は仕事、この痛みをどうしてくれようか。さしあたって、マラソン部は早速休部しようと思います。見切りの鋭さと、諦めの早さは誰にも負けません。
posted by yasufumi at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

推定姉貴

予てから姉貴の存在を切望していた僕ですが、長年の夢が叶うかもしれません。希望を繋いだのは、中国出張より戻ってきた上司がもたらした情報。帰社するなり、僕に発せられた問いかけに期待を抱かずにはいられませんでした。

“中国に生き別れたお姉さん、いるでしょ?”

いるはずがない、と頭ごなしに否定するべからず。この世の中に“絶対”という存在は絶対に存在しません。骨格、仕草、そして眼鏡。全てにおいて僕に似ていたそうです。そんな偶然が在り得るのか。

曰く、学生時代に第二外国語として日本語を学んでいたため、多少日本語を話すことができるそうです。心理学的に分析にするに、彼女の日本人としての自我同一性が、本能的に日本語を履修させたのだと思います。本能に起因する回帰行動。

上記の仮説を棄却するに足る決定的な根拠がない今、彼女を推定姉貴と認定せざるを得ません。中国支社に勤務しているそうなので、次回の中国出張は是非とも僕に任せて欲しいです。今、姉貴に逢いに行く。

貴女の推定“Your Boy”は、日本で立派に育っていますよ。
posted by yasufumi at 23:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

Boys of "J"

高校時代の友人が東京の我が家を訪ねてきました。部活が同じで建築好きと言う共通点もあり、卒業後も親しくしている友人の一人です。関西最高学府の大学院に進学し、可愛い彼女もいる勝ち組と言うだけでなく、僕の友人の中で最も範馬刃牙に近い肉体を有しています。

卒業後六年がたった今でも、高校時代の友人とは頻繁に行き来があります。その結束力は硬く、出身校のイニシャルをとって自分たちを“Jボーイ”と呼ぶほど。関東進出組の中でも特に親しくしている友人などは、最近では週に数回逢っています。

と言うのは、新入社員研修中である彼の寮と我が家が徒歩数分の距離にあるから。長い付き合いの中で、これほどの蜜月関係にあった時期はなく、来月には彼が北海道に赴任してしまうことが悲しくてなりません。

平均して、月に2回程度遊んでいたため、彼が北の大地に旅立つことにより僕の年間予定が20程度消滅する計算になります。つまり、年間20日も僕のことが気になる女性のために裂く時間ができたと言うことを、ここでさりげなく示唆しておきます。
posted by yasufumi at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

実家に帰っております。小学生時代は井戸水を飲み、練炭で炬燵を暖めていました田舎を姫路“最後の開拓地”と言っても過言でないでしょう。2年前に下水道が開通してようやく文明社会の仲間入りをしました。

田舎に帰ると大量の虫に遭遇して鳥肌が立ちます。大量に発生した羽虫集団のおぞましさよ。短期滞在にも関らず、凡そ世間で害虫と呼ばれる虫達には一通り遭遇しました。そして極めつけは、車内で僕の首筋を噛んだ百足。

いつのまにか車内に潜り込み、居眠りしていた僕の柔肌に甘噛みとは到底呼べない勢いでかぶりついてきました。刺された感触は蜂に似ている気がします。とにかく痛い。
posted by yasufumi at 21:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

若さに中てられる

とあるNPOの説明会に参加してきました。大学生主体で、主な活動内容は高校生に対して課外授業を実施するという団体。課外授業に参加すると言うより、団体の賛助会員にでもなろうかと思って説明会に参加しました。と言うのは、僕が大学生時代に社会人の方々から受けた恩を下に返してゆきたいと以前から考えていたからです。

説明会参加者は二十歳前後の大学生が多く、若さに中てられてしまいました。会場に着いて直ぐ、あだ名を書いた名札を首から提げるように言われたので、新たな試みとして“ヤス”と名乗ってみました。因みに、過去に一度も“ヤス”と呼ばれたことはありません。

説明会半ばから課外授業を体験することになり、僕も高校生役を演じました。この年になって真面目に高校生を演じることになるとは夢にも思っていませんでした。しかも、互いにあだ名で呼び合う決まりのため、大学生に“ヤス”と呼ばれ。正直、少し辱められた気持ちになってしまいました。

団体自体には魅力を感じたので何らかの形で関わって行こうとは思いますが、上手く距離をとらないと彼らの勢いに疲弊してしまいそうでした。認めがたいのですが、もう若くないのかもしれないと思う瞬間がたまにあります。今日もゴルフの打ちっぱなしに行き、数時間陽の光を浴びただけで疲労困憊です。
posted by yasufumi at 21:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

誤解と濡れ衣と人種問題

ぼんやりしていると、メールを読み違えて驚くことがあります。今朝受け取ったメールに、
Note:We'll moniter yellow marked field.
{補足:(添付ファイルの)黄色く網掛けした部分を確認していきます}
と書かれてたのを、“marked”ではなく一文字違いの“market”と読み違えてしまいました。

Note:We'll moniter yellow market field.
{補足:黄色い奴等(≒黄色人種)の市場をこれから追っていくよ}

まさか、アジア市場をYellow Marketと言う表現する人間がいるとは。一瞬、言葉を失いましたが、それ以上に自分の理解力に愕然とせざるを得ません。“この外人、有得ない”と、騒いでしまったではないか。今日も朝からいい恥かいた。
posted by yasufumi at 22:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

愛せよ地元

アパート近くの銭湯に行ってきました。足を伸ばしてゆっくりできる大浴場で1週間の疲れを洗い流します。銭湯の存在は知っていましたが、入るのは初めて。この街に越してきて2年目となった今更ですが、地元を散策がてら一風呂浴びてきたというわけです。

番台の親父が気さくで、下町情緒を残したいい風呂でした。べたですが風呂上りにコーヒー牛乳を飲みました。のぼせるまで湯に浸かり、体を拭いても汗が引き止まない程に火照った体と乾いた喉にコーヒー牛乳が美味いこと、美味いこと。また行こうと思います。

東京に骨を埋めるつもりはありませんが、楽しめる程度に根を生やそうと最近考えています。上述のように地元愛を感じる場所を見つける事に加えて、とあるNPOの活動に参加しようと説明会に申し込みました。再来週、これまたアパート近くにある事務所で説明を受けて来る予定です。

東京生活を楽しめる仕掛けを増やしてゆきたいものです。
posted by yasufumi at 22:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

空飛ぶ眼鏡

春の嵐に難儀された方も今日は多かったのではないでしょうか。僕は通勤途中、突風に眼鏡を飛ばされ紛失しました。落とした眼鏡は濡れた地面を滑るように大通りに吸い込まれ、山手通のもくずと。

落とした瞬間は裸眼で眼鏡を捕らえたのですが、近視のため眼鏡が大通りに飛び出した瞬間見失いました。3年間愛用した眼鏡を失って、心にぽっかり穴が開いた気分です。交通量が多い道なので、眼鏡は僕の心同様木っ端微塵になっていることは間違いありません。

お気に入りで、頻繁に掛けていた1本なので悲しみもひとしお。もしや、誰か心優しい女性(ひと)に拾われて交番に届けられてやしないか。そしたら、謝礼代わりに僕が眼鏡に注いでいる愛情の3割をその方に注ぐのに。

ただ、現実的に考えて、眼鏡入れに入っているならまだしも、裸で落ちている眼鏡を見かけて拾ってくれる人はいないでしょう。裸の眼鏡が落ちているのを道路で見かけたら、事件性すら感じます。何にせよ、今週末にもう1本新調しようかしら。
posted by yasufumi at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

甘い誘惑

風邪を引きました。先週末に罹って、今週末まで引きずる長期戦です。引き始めた矢先、翌々日に入社式を迎える友人に風邪を移し、社内にも菌を舞い散らす性質の悪さ。こじらしたきっかけは風邪の引き始めにフットサルとクラブを梯子した挙句、六本木でオールしたからというから始末が悪いです。

関係者各位に深く謝罪します。

お陰でここ数日間、咳と鼻水が止まりません。外出の際も、ポケットティシュでは事足りずボックスティッシュを鞄に入れて持ち歩いていました。野球場にもボックスティッシュ、花見にもボックスティッシュ。

風邪を引くと必ず鼻に来るため、かみすぎた鼻が爛れて仕方ありません。人より余計に長い鼻の下を持って生まれてしまたったため、人より余計に痛みを背負うはめになります。そんな、僕の救世主が“はなセレブ”に他なりません。

21世紀最初の偉業と言っても過言でないほどの軟らかさに、どれほど救われたことか。消費財メーカーのまわしものでは決してありませんが、あの優しい肌触りは紙にローションを染込ませていることを皆さんはご存知だったでしょうか。

したがって、舐めると甘味がします。と言う話になり、男友達4人で一枚のちり紙を舐めながら呑んだことがあります。甘い、けど、しょっぱい。
posted by yasufumi at 21:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

もてなし道

英会話学校のクラスメイト宅でバーベキューをしてきました。年代も職業も様々ですが、学び舎を共にした連帯感もあってか割合仲良くしています。英語を中心に色々な方向にベクトルが向いている人が集まるので、話題も尽きません。

主催者の方がもてなし上手で、宅呑みと言うにはちょっとばかし上品なホームパーティーといった感じでした。ニュアンスの違いは説明できませんが。料理や話題を最後まで尽きさせない技術は見習いたいものがあります。

会社や大学の先輩にももてなしの上手い人がいて、パーティーのホストなんぞをさらっとできる人できると格好いいなと思います。僕には話術も気配りも足りませんが、場数をこなせばよいのでしょうか。どうでしょうか。

我が家に招くと貧相な宅呑みになってしまうので、いっそホテルのスイートを借りてお洒落に。なんて言うのも面白いのではないでしょうか。ドレスコードとまではいきませんが、それなりに気合の合コンレベルに身を飾って、気の利いた差し入れを持ち寄れば、それなりに面白くできるのではないかなと。
posted by yasufumi at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

Golf Debut

始めたらモテると言われてゴルフを始めました。デビューと言っても打ちっぱなしですが。ゴルフクラブ一式を頂き、色々教えてもらい。天気もよく、気持ち良く汗を流しつつ300球ほど打ってきました。

ゴルフと言えば、高校の体育以来です。飛距離を抑えるためにバトミントンのシャトルのような羽が付いたゴルフボールを使って練習していました。隣の女子高にボールを打ち込めば単位をくれると言う、体育教師の言葉を信じてひたすらスイングしていた記憶があります。

フェンスをはさんで互いの運動場同士が向き合っていたのですが、フェンスが高すぎて一向に越える気配がありませんでした。ボール以上に僕の気持ちをフェンスの向こうに届けたかったのですが、残念なことにボール以上に届く気配がなかったことも、今となってはいい思い出です。

5年ぶりだったので、当然ですがゴルフの腕は5年前のままでした。因みに補足すると、気持ちを届ける腕も男子校に通っていた当時と変わっていません。ひとまず気持ち云々はよいとして、ゴルフの腕は磨きたいものです。
posted by yasufumi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

running/golf

通っている英会話学校のコースが今日をもって終了しました。クラス担任を務めていた講師がストライキに参加し、辞職してしまったことを除けば楽しかったです。語学力も多少は向上したのではないでしょうか。

そして、さらなる語学力向上のためにも、春から別のコースを取ろうと思います。そして、そろそろ社会人生活にも馴染んできたので、何か新しいことを始めようとも。標題は、最近取り組もうとしている事。

2週間前、上司や先輩と皇居の周りを走ってきました。昨今のマラソンブームもあって、皇居の周辺にはランニングステーションと呼ばれる施設ができていました。そこで、着替え/荷物預け/各種計測等々を行うことができます。そこを利用して1週5kmの皇居周りを走って来たわけです。

周囲を丸の内のビル群に囲まれて、左手に皇居、右手に夜景と目には楽しいのですが、排気ガスをふんだんに吸う羽目にも。ランニングの際、先輩との賭けに勝利し、ゴルフクラブを頂けることになりました。

来週、件のゴルフクラブを取りに行くのですが、もともとは会長が所有していたと言う代物のようです。お古とは言え会長が使っていたもの。手にするのが、今から楽しみです。

追記:
いい言葉ねっと(http://www.e-kotoba.net/)なるサイトに、色々な格言が載っていたので紹介します。ローマで失恋した友人には是非、失恋の言葉を見て欲しいものです。

未熟だからと消極的になってしまったら、未熟である意味がない。
(引用元不明−今の自分を戒める言葉−)
posted by yasufumi at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

一文字の重み

友達と連れ立ってクラブに繰り出そうと誘いのメールを打ったところ、待てど暮らせど返事が来ません。そして、そのまま悲嘆に暮れて週末を迎えました。文末に疑問符を打てば漏れなく返信が貰えると思っていた自分の浅はかさよ。

そして、僕らはこんなにも遠い関係だったのか、嗚呼。と、目測を誤っていた自分に対するやるせなさを反芻し、一人孤独を装い自嘲浮かべてニヒルを演じてみました。

大袈裟に悲しみを背負いながら週末を迎え、別の友達との約束を確認すべく携帯の送信履歴を見直していたら、一文字違いのまったくの別人に送っていたことに気付きました。たかが一文字、されど一文字。

そういえば以前、ある女の子と字面が似ている会社の先輩に好意溢れんお誘いメールを送りかけて冷や汗をかいた記憶があります。送信ボタンをまさにに押そうとする瞬間に気付きましたが、僕の親指の勢い余って。

直後に、送信を中止しことなきを得ている筈なのですが、先輩の優しい大人対応に救われているだけなら悶えます。ボタンを押してしまった瞬間、電話の乱れを起さんとばかりに思わず携帯を振り回してしまったよ。今日も間違いに気付いた瞬間、携帯を放り投げてはみたものの、何も取り返せませんでした。
posted by yasufumi at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

Oh my sister

仕事合間の雑談で、僕もあと1ヶ月余りで先輩になるという話になりました。1つ上の先輩も同席していたので、「どうでしたか?お姉さんになった気持ちは」と問うたところ、「君のお姉さんになったつもりはない」との返事が。

いくら僕でも先輩の弟になったつもりはありません。僕の意図するところをわかっていながら、この切り返し。その中に、屈折した愛情を汲み取る努力を必死でしてしまいました。

閑話休題

先ほど見ていた「ガイアの夜明け」で、会社員の働き方について特集されていました。その中で、ある中年男性が述べたコメントが印象的だったので紹介します。「最近は欧米的な組織論ばかり言われるが、日本的な繋がりも必要なのではないか」という旨の言葉でした。

最近感じるのは、給与な仕事内容もそうですが、社内の人間関係も仕事の活力になるのだなと言うこと。上述のような会話が楽しくて会社にいるのも、それはそれで悪くないと思う日々です。もう直ぐ、一年がたつんですね。
posted by yasufumi at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

革靴/オーダシャツ

髪を切ったついでに身嗜みも整えようと画策しています。ダメカワイイ新卒社員で許される期間が40日を切った今更ですが、今を逃すと取り返しがつかないきがしています。第一弾として、カジュアルデーにに若草色のセーターを羽織っていったところ、「60年代苦学生風」と酷評されました。嗚呼。

見えない箇所にこそこだわりを発揮しようと注目しているのが、標題の2点。「お洒落は足元から」と言われるので、靴の手入れを始めました。内勤に甘えていただらしない足元を一新、毎週末革靴を磨いています。そして、オーダーメイドシャツを1着しつらえました。

靴磨き、これはハマリます。が、靴磨きについて熱弁を振るい、相手を置き去りにして一人盛り上がったあげく「今日一番つまらない話題」と一蹴された経験があるので割愛します。ただ、磨いた靴が玄関の灯りを艶やかに反射している姿を見るのが至福の瞬間です。

シャツは以前にもしつらえたテーラーで。体型にあったシャツを着ると本当に綺麗なシルエットで、我ながら様になっている気がします。試しに作った1着目にあまりに感動したので、今日また1着作ってきました。スナップダウンにクレリック襟。肌触りのよいシルク素材の織り込まれた生地を選び、こだわって作ってみました。

ここまで語って、スーツは2プライス量販店の安い方。いつか上から下までオーダメイドを着こなせる大人になりたいです。
posted by yasufumi at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

上司に恋する

上司の経歴と、以前心惹かれていた女性の経歴が似ていると仕事の合間に話していたところ、当の上司から“君は私に恋している”と言われました。我らがアナリストの3段論法によると、

i like the girl, the girl is like my boss, so i like my boss.

だとか。禁断、禁断の恋なのですね。例え10歳年上でも、例え既婚者でも、給料上げてくれるならそういうことでいいな。と書いてみて、件の上司は僕の日記に頻出していることに気付きました。

大概、僕は単純接触効果で落ちています。上司について書くことで、自分に暗示をかけていって、そして、そして。醜聞になるので、これより先には言及できません。

と、ここまで引っ張ってみた自分に失笑を禁じ得ませんね。
posted by yasufumi at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

韓流/喪失

方々で不評だった長髪を切りました。この数ヶ月、社内外から小さな圧力を受け続けて意固地に抵抗を続けてきましたが、先日ついに頑なに突っ張り続けてきた心が折れました。

御喋り好きで、自称前髪が蛯可愛い上司が突然、

“その髪は意図してそうなっているの?”
“韓流スターでも目指しているの?”
“眼鏡に長髪で今更ペ・ヨンジュなの?”

と、薄笑いを浮かべながら畳み掛けるように僕の心を抉ってきたのです。あげく、愚かにも売り言葉に買い言葉で、“週明けには10cm髪切てきますよ”と高らかに宣言してしまいました。

で、有言実行してきたわけです。頭が寒い上に、鏡を見るたび韓流のままでよかったとしか思えません。
posted by yasufumi at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

顔晴る(がんばる)

年が明けて年俸が発表され、新しい案件にも配属され。やらしい話、予想していたより年俸が上がっていました。やらしい話、だからと言って僕の金払いはよくなりません。

ゆったりと確実に環境が変わってきています。このあいだ内々に発表された今期の人員配置を見ると相当大変な3ヶ月が待っているようです。海外でも調査を行うため、僕の拙い英語を駆使する日も近いかもしれません。

『“大変”は“大きく変わる”と書く』と言いますが、息切れしないように頑張らねばなりません。ところで、『“頑張る”は正しくは“顔晴る”と書く』という言葉を先日読みました。

大きく変わって、顔晴れやかに今期を終えたいです。
posted by yasufumi at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

始まりが肝心

標題の通り、月曜日は1週間の内で一番気合を入れます。普段より、早く起きて部屋を掃除し、4足全て革靴を磨きます。それから、髭を綺麗に剃り、髪に櫛を入れ、お気に入りのネクタイ。

特に今日は、年明け最初の外出だったので一番仕立てのいいシャツを。帝国ホテルで賀詞交換会に出席して来ました。ここのビュッフェが本当に美味しくて。

クライアントに挨拶しつつ。しっかり食べつつ。メロンだけて1個分は食べたと思います。今週末は京王プラザで全社のキックオフミーティングがあるので、そこでも美味しい料理が食べれそうです。

メロンに始まり、鯛茶漬けに終わる週。火〜金は全食カップラーメンでもいいや。
posted by yasufumi at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

言霊其の二

以前の日記で感銘を受けた言葉をメモに残していると書きました。先日PLAYBOYに掲載されていた「世界の見方を変えてくれる50人の言葉」なる特集で気に入った言葉があったので無断転載します。

“オレは自分で自分の音楽に退屈してしまう前に、次に行く。”
(マイルス・デイビス−常に革新的な音楽を創造し続けたジャズの帝王−)

“あなたの国家があなたに何をしてくれるのかではなく、あなたが国家のために何ができるかを問うてほしい”
(ジョン・F・ケネディ−いわずと知れた第35代米国大統領−)

ケネディの言葉は有名なので、ご存知だった方もいるかと。いずれの言葉も目的語(音楽/国家)を仕事(会社)に置き換えると、自分のスイッチが変わる気がします。
posted by yasufumi at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。